烏山杉の子保育園分園みなみ風鳩ぽっぽ保育園下馬鳩ぽっぽ保育園分園野の花園
経堂保育園ひだまり保育園さくらのその保育園池尻かもめ保育園遊愛保育園 社会福祉法人杉の子保育会

こんだて

HOME > 経堂保育園 > こんだて

21件〜25件を表示中

<<前ページへ    3  4  5  6  7    次ページへ>>

   
【掲載日:10月1日】2016-10-01

10月の献立

新米のおいしい季節になりました。

お米は3000年くらい前の日本に渡来し、主食となりました。日本の食文化には欠かせない、古代から私たちの命を支えてきた自然の恵みの代表です。

食文化の多様化や太りやすいからと、炭水化物を避ける方もいるようですが、『ご飯』には、いいところがたくさんあります。



○ お米のパワー ○


● 腹持ちが良く、太りにくい特徴がある
 ・・・粒状のご飯は、エネルギーがじわじわ燃えるため、粉が原料のパンや、じゃがいもなどに比べ太りにくいという特徴があります。


● どんなおかずにでもあう
 ・・・白いご飯は、いろいろなおかずと相性抜群です。色々な味付けのおかずをご飯と一緒に食べることによって、ご飯の甘みやうま味とが、口の中で調和され、より美味しく感じられます。それを口中調理と言います。


● 粒状なので、よく噛む
 ・・・よく噛むことによって、口の中に唾液がたくさんでます。唾液の中に含まれるホルモンが脳を活性化し、大脳の働きを助け、ストレス解消や心の安定にもつながります。


● 生活習慣病になりにくい
 ・・・ご飯の炭水化物は、消化されるブドウ糖という脳の栄養になります。脂質も少ないので、肥満予防にもなります。また、穀物には食物繊維が豊富です。便秘になりにくくなります。

PDFファイル【745KB】

【掲載日:9月1日】2016-09-01

9月の献立

9月も、残暑が厳しい日が続くことが予想されます。

夏期期間はご家族で、色々なところへ出かけた方も多いと思います。

季節が移り変わっていくこの時期は、夏の疲れが出て体調を崩しやすいので、
栄養バランスの良い食事や、十分な睡眠を心がけ、生活リズムを整えて、
体調管理をしていきましょう。



○ 9月の野菜 ○


「チンゲン菜」


油との相性が良く、炒めたり茹でたりする事によって、色付きが良くなる上に、
ビタミンCの吸収が良くなります。また、アクも少なく、下茹でせずに使えるので、
炒め物やスープなどの料理におすすめです。


旬 : 9月〜12月

選び方 : 葉が鮮やかな緑色をしていて、ピンとしているものを
        選ぶと良いでしょう。葉に厚みがあり、株の
        根本付近がふっくらしているものは甘みがあります。
        葉が黄色くなっている物は鮮度が落ちています。

栄養 :  βカロテン・ビタミンCが豊富に含まれています。
        βカロテンは体内で、ビタミンAに変換され、
        視力や皮膚、粘膜の健康維持に役立ちます。
        その他にも、鉄、カルシウム、リンなどの
        ミネラルも豊富に含まれています。

PDFファイル【726KB】

【掲載日:8月1日】2016-08-01

8月の献立

暑い日が続き、子どもたちはたくさん汗をかきながら
元気いっぱい遊んでいます。

こまめに水分補給をして、熱中症にならないように気をつけましょう。


○ 8月の野菜 ○

「オクラ」

切ると五角形になるオクラが一般的ですが、角のない丸オクラや、
さやが赤い赤オクラ、花びらを食べる花オクラなど、
あまり知られていない種類がたくさんあるようです。


旬  : 6〜9月

選び方: さやの色が鮮やかな濃い緑色で、産毛が密集し、
       みずみずしくて角のはっきりしたものを選ぶと
       良いでしょう。切り口や先端が茶色いものは、
       日が経ったものなので避けましょう。

栄養 : オクラに含まれるぬめりの成分は、ガラクタン・
       ペクチンなどの食物繊維です。
       βカロテンや、カリウム、カルシウムも
       豊富に含まれています。

PDFファイル【807KB】

【掲載日:7月1日】2016-07-01

7月の献立

○ 夏をのりきるための食事 ○


夏の季節、暑い日が続くと食欲も落ちてしまいがちです。食べやすいメニューの中で、夏に不足する栄養をしっかり摂って、暑さに負けないからだを作りましょう。


* ビタミンB1を含む食材をとりましょう *

夏は、エネルギー消費が増えるので、代謝に必要なビタミンB群が不足しがちになります。そのため、食事から積極的に摂ることを心がけましょう。

・食材・『豚肉、うなぎ、枝豆、ニンニクなど』


* 夏野菜をとりましょう *

旬の夏野菜は、おいしくて栄養が豊富なだけでなく、暑さで火照った体を冷ましてくれる働きもあります。

・食材・『トマト、きゅうり、なす、とうもろこし、オクラ、かぼちゃ、ピーマンなど』

PDFファイル【208KB】

【掲載日:6月1日】2016-06-01

6月の献立

もうすぐ梅雨の季節です。梅雨はじめじめとして湿気が多くなり、食中毒もおこりやすくなります。給食室ではより一層、衛生管理には気をつけていきます。

ご家庭でも、食中毒予防の基本をおさえて、元気に梅雨を乗り切りましょう!


○ 6月の野菜 ○

「パプリカ」

赤や黄色、オレンジ色の他にも、白や黒、紫色のパプリカもあります。


旬   : 6月〜9月

選び方 : 表面にはりとつやがあり、軸の切り口が新しい
      ものを選びましょう。軟らかかったり、しわっぽく
      なっているものは避けましょう。

栄養  : 色によって栄養価は異なります。特にオレンジ色の
      ものがビタミンC、βカロテンなどの栄養価が高いです。


直火で表面が黒くなるまで炙った後、冷水に浸すと皮が簡単にむけます。皮をむくと、甘みと香りが増して、よりおいしくなるので、ぜひ試してみてください。

PDFファイル【826KB】

21件〜25件を表示中

<<前ページへ    3  4  5  6  7    次ページへ>>

Get AcrobatReader

こんだてのファイルは、PDF形式となっております。
PDFファイルを読むにはAdobe社の「ActobatReader」が必要です。

このページの上部に移動します
【経堂保育園】世田谷区経堂4-13-10 TEL03-3427-4020 FAX03-3427-4028
Copyright(c)Suginoko-hoikukai All right reserved.