烏山杉の子保育園分園みなみ風鳩ぽっぽ保育園下馬鳩ぽっぽ保育園分園野の花園
経堂保育園ひだまり保育園さくらのその保育園池尻かもめ保育園遊愛保育園 社会福祉法人杉の子保育会

こんだて

HOME > さくらのその保育園 > こんだて

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

   
【掲載日:3月1日】2019-03-01

2019年3月の献立

◆ひな祭り◆

ひな祭りは女の子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事です。
この日には桜餅のひな祭り献立になります。
元気に育つようにという人々の願いを込めて伝え続けられてきたこの祭り、いつまでも大切したいですね。



◆リクエストメニュー◆

さくらグループのみなさん、もうすぐ卒園ですね。

嫌いな食べ物も食べられるようになり、毎日ピカピカのお皿を誇らしげに返してくれるようになった子どもたち。
すっかり大きくなり、食に興味をもって一緒にいろいろなクッキングができるようになりました。

2月にひき続き3月もさくらグループによるリクエストメニューが献立に入っています。

PDFファイル【180KB】

【掲載日:2月1日】2019-02-01

2019年 2月の献立

◆節分◆
 節分には豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べたりしますよね。また、自分の年の数より1つ多く食べると体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもあります。

大豆はどこでも栽培ができその根が土壌に活力を与える事から力を持つ物とされていたようです。年齢(数え年)の数だけ食べたりしますよね。

 ◆お知らせ◆
2・3月の献立には、さくらグループによるリクエストメニューが入っています。お昼ごはんとおやつをそれぞれ1つずつ選んでいます。「わたしはこれがいい!」ととても嬉しそうに好きなメニューを考えてくれました。

PDFファイル【197KB】

【掲載日:1月4日】2019-01-04

2019年1月の献立

◆献立のテーマ◆
 1月も体を内側から温める働きのある食材を多く使用し『体を温める食事』を作っていきたいと思います。

またミネラル類は、少量でも身体機能において大切な役割を果たすものなので、体調を崩しやすいこの時期は特に不足しないように配慮し、免疫力を高めるようにしたいと思います。           

◆郷土料理:こづゆ◆
 福島県会津地方の郷土料理で、内陸に位置するこの地域でも入手が可能な、海産物の乾物を使った汁物です。
 この料理は、江戸時代後期から明治初期にかけて会津藩の武家料理や庶民のごちそうとして広まり、現在でも正月や冠婚葬祭などの席で、必ず振る舞われる郷土料理だというので、1月の献立に取り入れました。小さなお麩が入っている醤油仕立ての汁物です。

PDFファイル【215KB】

【掲載日:12月1日】2018-12-01

平成30年 12月の献立

今年も残すところひと月。いよいよ寒い季節が本格的にやってきます。

そんな冬の寒さに負けないよう、今月もからだを温める働きのある生姜や根菜類と免疫力を高めるビタミンAやビタミンC・Eなどを多く取れるような献立にし、風邪の予防をしたいと思います。

また、園での活動時間を考慮して温かいものは、温かく食べられるように配慮をしたいと思います。

今月は餅つきも行います。園全体で餅つきをして、お正月用の鏡餅を作ります。
もちろんつきたての餅を昼食に食べますが、餅を食べるのはまだ難しいと思われる子や低年齢のクラスの子どもたちは、炊き込み御飯になります。

事故が起きないよう細心の注意を払い、楽しい行事にしたいと思います。

PDFファイル【240KB】

【掲載日:11月1日】2018-11-01

平成30年 11月の献立

秋だというのに暑い日が続くと思っていたら急に寒くなりました。
寒くなると空気の乾燥が気になります。そうなると、鼻やのどの粘膜も乾燥しやすく、ウイルスが身体に侵入しやすくなります。

そこで、今月は細菌やウイルスと戦うための免疫物質のもとや抵抗力をつけるたんぱく質、ウイルスの侵入を防ぐ役目をして鼻やのどの粘膜を作り強化をするビタミンA・C・Eなどを多く含む食材を使用して「風邪をひきにくい身体づくり」を目指したいと思います。

PDFファイル【207KB】

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

Get AcrobatReader

こんだてのファイルは、PDF形式となっております。
PDFファイルを読むにはAdobe社の「ActobatReader」が必要です。

このページの上部に移動します
【さくらのその保育園】世田谷区太子堂1-15-5 TEL:03-3411-0333 FAX:03-3411-0333
Copyright(c)Suginoko-hoikukai All right reserved.