烏山杉の子保育園分園みなみ風鳩ぽっぽ保育園下馬鳩ぽっぽ保育園分園野の花園
経堂保育園ひだまり保育園さくらのその保育園分園つぼみ池尻かもめ保育園遊愛保育園 社会福祉法人杉の子保育会

こんだて

HOME > さくらのその保育園 > こんだて

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

   
【掲載日:1月6日】2020-01-06

2019年度 1月献立

年末年始はいつもと違う生活リズムや食事をする機会が多くなります。まだまだ寒い日が続くので体調を整えたいですね。    
7日に食べる「七草粥」は、新春に芽吹く七草は邪気を払い縁起が良いとされており、同時にお正月にごちそうを食べ過ぎた胃腸を休めるお粥と合わせることから、一年の無病息災を願う習慣です。
 また10日のおやつは「鏡開き」に合わせておしるこです。 お正月にお供えしていた鏡餅には、その年1年間家族を守ってくれる年神様が宿ると考えられているので、鏡餅をいただくことで1年の無病息災を願います。
 新年には自身や家族の健康や幸せを願う習慣が多くあります。古くからある食文化を楽しみながら、2020年も元気に過ごしましょう。

PDFファイル【201KB】

【掲載日:12月1日】2019-12-01

2019年12月の献立

今年も残すところひと月。
いよいよ寒い季節が本格的にやってきます。

そんな冬の寒さに負けないよう、今月もからだを温める働きのある生姜や根菜類と免疫力を高めるビタミンAやビタミンC・Eなどを多く取れるような献立にし、風邪の予防をしたいと思います。

また園での活動時間を考慮して温かいものは、温かく食べられるように配慮をしたいと思います。

PDFファイル【148KB】

【掲載日:11月1日】2019-11-01

2019年11月の献立

◆献立のテーマ◆
これからの季節は空気が乾燥します。すると、鼻やのどの粘膜も乾燥してしまいウイルスが身体に侵入しやすくなるのです。

そこで、今月は細菌やウイルスと戦うための免疫力や抵抗力をつけるたんぱく質や、ウイルスの侵入を防ぐ役目をする鼻やのどの粘膜を作り強化をするビタミンA・C・Eなどを多く含む食材を使用して「風邪をひきにくい身体づくり」を目指します。

PDFファイル【144KB】

【掲載日:10月1日】2019-10-01

2019年 10月の献立

◆「大豆」の話◆
乾物で目にする『大豆』ですが、旬があることをご存じですか。
大豆の旬(新物)は秋から冬なのです。

料理をする前に水で戻したり1時間近く茹でる必要はありますが、コレステロールを含まず、人の体に必要な必須アミノ酸を均等に含む大豆は自然なバランス栄養食なので是非使ってみて下さい。

茹でた大豆は冷凍が可能なので、ひと月は保存しておけます。

PDFファイル【160KB】

【掲載日:9月1日】2019-09-01

2019年 9月の献立

◆菊の節句◆

 今ではほとんど知られていない節句の一つが、9月9日の重陽の節句です。1月の「七草」3月の「桃」、5月の「端午」、7月の「七夕」に続く五節句の一つで「菊の節句」とも言います。

 その昔、奇数は縁起の良い陽数と考えられ、その中で一番大きな奇数である陽数の「9」が二つ重なる日なので「陽が重なる」“重陽”の節句と定め、不老長寿や繁栄を願う行事をしてきました。

 薬草としても用いられ、寿命を延ばす力があると言われる「菊」。
昔のひとは菊の花びらをお酒に浮かべた菊酒を飲みながら月を眺めたりしたそうです。
 

PDFファイル【187KB】

1件〜5件を表示中

 1  2  3  4  5    次ページへ>>

Get AcrobatReader

こんだてのファイルは、PDF形式となっております。
PDFファイルを読むにはAdobe社の「ActobatReader」が必要です。

このページの上部に移動します
【さくらのその保育園】世田谷区太子堂1-15-5 TEL:03-3411-0333 FAX:03-3411-0333
Copyright(c)Suginoko-hoikukai All right reserved.